maz_web_05_eye

【倉庫スタッフ実はこんなことやってます。】第5回:やってみよう!イタリック体!①itrljfnmhuyvwkxz(MAZ)

maz_web_04前回までで道具、使い方、運筆まで書いてきた。
ここまで長々と伸ばしてきたが、”お待たせしました”、いよいよ本格的にアルファベットの書き方。

    【目次】

  • 似ている骨組みを知る
  • グループ練習

似ている骨組みを知る


小文字からスタートする今回の記事、「aからでしょ?」と思いきや最初の文字は 「 i 」 。
abcと順に練習するよりも同じ”骨組み”の文字からの方が覚えやすい。
どういうことか?最初はより多くの文字に使われる縦に伸ばすストローク(運筆)を練習して、いつ縦のストロークが出てきても使えるよう手を慣れさせていこう。
ペンで書く前に同じストロークの骨組み別でグループを分けてみたので見て欲しい。

① i r t l j f 縦のグループ
② n m h u y 山と谷のグループ
③ v w x k z 斜めのグループ
④ o c e s ( )のグループ
⑤ a d g q a のグループ
⑥ b p b のグループ
maz_web05_017
このように似た形同士に分けると練習しやすい。

それでは一つ一つの文字を説明していこう。
私がワークショップでよく言う説明だが「字が汚くてもかけます。何故ならカリグラフィーは文字ではなく記号の集まりだからです。」

グループ練習


1.縦のグループ


i

maz_web05_01筆順
①xハイトの上のラインより少し下から斜めに細い線を描き、真下に下ろし、丁寧に跳ね上げる。この時も45度の一番細い線で丁寧に持ち上げる用に。
※(この筆順はこれから描く小文字の中でたくさん出てくるから覚えておいて!)
②アセンダーの真ん中のラインから小さなかっこ”()”を描くように頭の部分を描く。


r

maz_web05_03筆順
①iの筆順①を描く。
②xハイトの少し下から細い線を描きxハイトの上のラインにぶつかったところで真横に伸ばす。最後に気持ち斜め上に細い線を出すと綺麗。


t

maz_web05_02筆順
①xハイトより少し上から細いラインを描き真下に下ろす。
②rの筆順②の要領で①とクロスするように横線を描く。


l

maz_web05_04筆順
①アセンダーの上のラインより少し下からtの筆順①の要領で細いラインを描き真下にxハイトの下のラインまで下ろし跳ね上げる。
②①の描き始めの細い線と繋がるようrの筆順②の要領で横線を入れる。


j

maz_web05_016筆順
①iの筆順①の要領でxハイトの上のラインより少し下から斜めに細い線を描き、真下に下ろし、ディセンダーの下のラインより少し上からゆっくり左へ曲がる。曲がる部分が綺麗な細い線になるよう角度を45度に保つ。
②iの頭部分と同じく、アセンダーの真ん中のラインから小さなかっこ”()”を描くように頭の部分を描く。


f

maz_web05_05筆順
①lとjの筆順①を合わせたのがf。アセンダーの上のラインより少し下からtの筆順①の要領で細いラインを描き真下に下ろし、ディセンダーの下のラインより少し上からゆっくり左へ曲がる。
(イタリック体の中では小文字のfが一番縦長のストローク。慣れるまで長いストロークは難しい。まっすぐに線を引くコツは手首だけでなく腕全体を使って一気に描く。)
②tの筆順②の要領で①とクロスするように横線を描く。

縦のグループだけでも分かるように同じストロークがなんども出てくる。
カリグラフィーって割と同じ動きの組み合わせでできているのだ。

2.山と谷のグループ


n

IMG_2085筆順
①iの筆順①の要領でxハイトの上のラインより少し下から斜めに細い線を描き、xハイトの下のラインまで真下に下ろしきる。
そこからペンを紙から外さず真ん中まで真上に戻り、45度の細い線で上のラインに山を描き、真下に下ろし、跳ね上げる。


m

maz_web05_07筆順
①要はnを二回連続で描くということ。
xハイトの上のラインより少し下から斜めに細い線を描き、xハイトの下のラインまで真下に下ろしきる。
そこからペンを紙から外さず真ん中まで真上に戻り、45度の細い線で上のラインに山を描き、真下に下ろしきり、ペンを外さずにもう一度繰り返す。山が二つできたら最後は細い線で跳ね上げる。


h

maz_web05_08筆順
①lとnの組み合わせがh。
アセンダーの上のラインより少ししたからtの筆順①の要領で細いラインを描き真下に下ろしきり、そこからペンを紙から外さず真ん中まで真上に戻り、45度の細い線で上のラインに山を描き、真下に下ろし、跳ね上げる。
②①の描き始めの細い線と繋がるよう横線を入れる。
rainbowsoko_staff_maz_05_01


u

maz_web05_09
筆順
①iの筆順①の要領でxハイトの上のラインより少し下から斜めに細い線を描き、xハイトの下のラインまで真下に下ろし、45度の細いラインで谷をかく。
xハイトの中ほどまで描いたら真上に上がり、上のラインにぶつかったら上がった線をなぞるように真下に下ろし跳ね上げる。


y

maz_web05_010筆順
①uとjの組み合わせ。
xハイトの上のラインより少し下から斜めに細い線を描き、xハイトの下のラインまで真下に下ろし、45度の細いラインで谷を描く。
xハイトの中ほどまで描いたら真上に上がり、上のラインにぶつかったら上がった線をなぞるように真下に下ろし、ディセンダーの下のラインより少し上からゆっくり左へ曲がる。

3.斜めのグループ

v

IMG_2093筆順
①xハイトの上のラインより下から細い線を描き、斜め下に下ろしきる。
ペンを外さず細い線で斜め上に上げていく。最後はディセンダーの上のラインにつけるように内側に食い込む。


w

maz_web05_012筆順
①見ての通り、vを二回繰り返す。
xハイトの上のラインより下から細い線を描き、斜め下に下ろしきる。
②ペンを外さず細い線で斜め上に上げていく。
最後はディセンダーの上のラインにつけるように内側に食い込む。食い込んだ所からペンを外さず、さらにもう一度斜め下に下ろし、同じ工程を繰り返す。


x

maz_web05_013筆順
①vの要領でxハイトの上のラインより下から細い線を描き、斜め下に下ろし、細い線で跳ねあげる。
②線の強弱を意識し、かっこを描くようにxハイトの上のラインから中央でクロスし、細い線を保ちながら下のラインに付けるように内側に食い込む。


k

maz_web05_014筆順
①簡単に説明するならば1画目と3画目でlを描くということ。
アセンダーの上のラインより少ししたからtの筆順1の要領で細いラインを描き真下に下ろす。
②xハイトの3/4から45度の細い線で上のラインにぶつかるようカーブし、xハイト中央にUターン。
ペンを外さず斜め下に下ろし刎ねあげる。
③①の描き始めの細い線と繋がるよう横線を入れる。


z

maz_web05_015筆順
①xハイトの少し下から細い線を描きxハイトの上のラインにぶつかったところで真横に伸ばす。
ペンを外さず細い線で斜め下に下ろしきる。
下ろし切ったところから少し上に線をなぞり戻し、ラインにぶつかるようになだらかに横線を引き、跳ね上げる。
②①の細い斜めの線とクロスするように横線を描く。

はいっ!ここまで!
さて、いかがだっただろうか?
前編となる今回は直線的なグループ練習だった。
縦横の線の組み合わせ、基礎練習で出てきた動きがたくさん出てきた。
(楽勝だったかな?)
指先、手のひら、腕、肩の力を抜いてリラックスして練習してほしい。終わった後はペンのお手入れも忘れずに!

次回はカーブするグループや、複雑な筆順も出てくるので、その前に基礎練習をもう一度きっちりマスターしておいてね!


倉庫スタッフ実はこんなことやってます。〜MAZ編〜 バックナンバー

第1回:これがアツい!〜魅力的な文字の世界〜
第2回:カリグラフィーの歴史と道具
第3回:カリグラフィー道具の使い方・片付け
第4回:10分でわかる。カリグラフィーの基本の運筆
番外編:レインボー倉庫 ×文字(池尻大橋編)
第5回:やってみよう!イタリック体!①itrljfnmhuyvwkxz


text by:MAZ fantasy pen worksmaz_eye
松岡 可奈枝/1991年生まれ
2014年よりPAINT FACTORYにて修行後、独学で技術を学ぶ。 カリグラフィー、チョークアートを得意とし、 1枚ずつ手書きで製作するウェルカムボードを始め、 店舗のサイン、メニュー、壁画などもデザインから施工までを手掛ける。 現在はレインボー倉庫を拠点に活動。 個別にレクチャーを行うカリグラフィー講座も開催し、イベントではワークショップも開催する。 ジャンルやデザインにとらわれず幅広い活動を行う。
https://www.instagram.com/mazdeath/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT情報

  1. 181125.1223paintfactory_wseye
    PAINT FACTORYさんによるワークショップが開催されます。今回はピンストライプ、レタリン…
  2. 181028-1104shinozakieye
    アーティストSHINOZAKI HILOSHIによるEXHIBITION "PEACE of WAL…
  3. 181028paintfacrtory_eye
    (2018/10/26 追記)こちらのイベントは主催者様のご都合により、中止となりました。日程な…
  4. 181027yes_wseye
    10月27日(土) 代々木八幡にある、煮込みとお惣菜のお店"ウエトミ"にてワークショップ開催!!…
  5. 180514-RAINBOW-MARKET-vol.3-eye
    "偶数月の第3日曜日に開催されるサンデーマーケット"この扉の向こうでは何が行われているんだろ…
PAGE TOP