membersvoice_shimokita_006_eye

【メンバーズボイス 】下北沢/MUDHEAD HOUSE 小林史幸さん

シェアスペース、レインボー倉庫。
そこにはどんな人がいて、どんな使い方をして、そしてどう働いているのか。
リアルな声を聞くため、倉庫スタッフによる倉庫メンバーへのインタビュー企画『メンバーズボイス』

今回はMUDHEAD HOUSEの小林 史幸さんにお話をお伺いしました。
R0010664 のコピー
自らアメリカのネイティブアメリカンの居留地を訪ね、直接仕入れてきたインディアンジュエリーを店頭、オンラインストアにて販売しています。またビンテージウェスタンブーツもお取り扱いしてます。




ー空間のテーマ、こだわりを教えてください。
R0010628 のコピー

アメリカの”サウスウエスタン”をイメージしてウッドっぽい茶色を基調に温かみのある部屋にしました。装飾品も日本ではなかなか売っていない鹿やバッファロー、牛の骨をアメリカに買いに行きました。商品が小さいことと部屋もそんなに広くないので、所狭しと並べてその中から宝探しのような感覚で見てもらえればなと思ってます。

▼女性に人気のピアス
R0010888 のコピー
R0010886
ーインディアンジュエリーの魅力を教えてください!
『伝統工芸品』なので流行りもののジュエリーとは違い10年後も20年後も愛していけるものだと思うんですよ。インディアンジュエリーは全て一点もので、ネイティブアメリカンの精神が息づく神聖なジュエリーなんです。インディアンジュエリーの中でターコイズが使われているものは自分の身を守ってくれるお守りとも言われているんですよ。ターコイズは古くからインディアンの伝統文化や生活に深く関わってきてる石で”幸運の石”とも呼ばれてます。

ーそもそもインディアンジュエリーとはなんですか?
簡単に言うとネイティブアメリカン(インディアン)の人たちが作っているものをインディアンジュエリーと呼びます。ネイティブアメリカンの中でも部族があって、インディアンジュエリーにもそれぞれ部族の特徴があるんですよ。部族について説明すると本当に長くなるから、ぜひ直接聞きに来てください(笑)

R0010653 のコピー
R0010655 のコピー
ー買い付けはどちらに行ってるんですか?
アメリカのニューメキシコと、アリゾナ州です。冬はマイナス10度、夏は40度にもなる気候で。航空券も高いので、年に1回秋頃に仕入れに行きます。アメリカ南西部、ルート66があるよくブルースとかにも出てくる有名な道を通ってネイティブアメリカンの居留地を目指します。インディアンジュエリーだけでなく副業をやってるネイティブアメリカンの人もいるけど、自分はインディアンジュエリーで生計を立ててる銀細工の職人さんの個人宅を直接訪ねたり、インディアンジュエリーを扱ってるお店に買い付けに行ってます。


アメリカに行くといつも“エルランチョ”っていうモーテルに泊まるんだけど、そのモーテルは100年以上の歴史があって、レーガン大統領も泊まったことあるモーテルなんだよ。ディズニーランドみたいな雰囲気でお気に入り。
毎回泊まるからモーテルの人に覚えてもらっていて、日本からのお土産でおせんべいをあげると部屋代安くしてくれるんですよね(笑)

▼モーテル エルランチョ



ーネイティブアメリカンの方が日本に遊びに来ることもあるんですか?
あります。日本に来たときはお店に顔を出してくれるので、一緒にご飯を食べに行ったりします。最近だと浅草に行ったり、焼き鳥を食べに行って一緒にお酒飲みました。アメリカの人ってホルモンを食べる文化がないので、焼き鳥食べに行ったときに砂肝とか食べさせたんだけどイマイチだったみたい(苦笑)



ー『マッドヘッドハウス』というお店の名前の由来を教えてください!
インディアンの部族の中にホピ族という部族がいて、ホピ族の人々は今でも精霊信仰で自然界のどんなものにも精霊が宿っていると信じているんです。その精霊の中に”MUDHEAD”っていう精霊がいて、MUDHEADの顔が愛らしくて可愛いなと思ったので、MUDHEADの家という意味で”MUDHEAD HOUSE”っていう名前にしました。MADHEADだと違う意味になるから気をつけてください(笑)
(MUDHEAD HOUSEの看板に描かれているのがMUDHEADの精霊)
R0010677 のコピー 2
ーレインボー倉庫を知ったきっかけを教えてください。
下北沢在住なのでこの近辺で飲むことが多いんですけど、よく飲みに行くお店のオーナーさんにレインボー倉庫を教えてもらいました。その当時下北沢のインディアンジュエリー屋さんに勤めていたんですが独立したいなと思い相談にのってもらっていて、こじんまりと始めるならちょうどいいんじゃないかって勧められました。

ー入居の決め手はなんですか?
僕はそんなに広さを求めていなかったので、広さがちょうどいいなっていうことと、駅から近いのに毎月の利用料がお手頃価格っていうのが決め手になりました。
R0010834 のコピー 2
ー小林さんが今までに経験されたお仕事と、独立のきっかけを教えてください。
今まではバーテンダー、整体師、整体師の学校の先生もやってました。
バーテンダーはお酒も好きだったし楽しかったんですけど、一生できるかって考えたらできないなと思ってやめました。整体師は自分の体を揉まれるのが好きじゃないから向いてないなって。(笑) インディアンジュエリーの会社にも務めてたんですけど、会社員が向いてないなって思って、家族の助けもあって自分で開業することにしました。

ー実際にレインボー倉庫に入居してみて気づいたシェアスペースの良いところ、悪いところを教えてください。
良いところは、個人店というかお店になっちゃうと名前が知られるまでは人の流れを作るのが難しいと思うんですけど、レインボー倉庫みたいに小さいお店がいっぱい入ってると他のお店にきた方も流れてきてくれたり、流動性があるところがいいなと思います。RAINBOW NAILS 谷さんのお客さんがよく見に来てくれて買い物してくれますよ。


nanaさん(@rainbownails73)がシェアした投稿


悪いところはそうですねぇ・・・特にないなぁ。やるときはやるし、息抜きしたいときは他の入居者の方と話して自分の中でON、OFFできるからね。

unnamed のコピー
ーこれから独立を考えてる人や、レインボー倉庫に興味がある人にアドバイスをお願いします!
下北沢という場所の割には安い予算でスタートできるので、変に構えないで一度見に来て興味があったら始めてみたらいいと思います!見に来たときに気軽に声かけてくれればなんでも答えますよ!

ー告知などありましたらお願いします!
3/30-3/31でレインボー倉庫でウエスタンブーツの直売会をやります。ぜひ来てください。 →詳細はこちら
あとはオンラインショップからも購入できるので、見てください!

ー小林さん貴重なお話ありがとうございました!


こちらはレインボー倉庫メンバーを順番にご紹介していく連載企画です。次回インタビューをどうぞお楽しみに!
text by:根本真衣(レインボー倉庫)

メンバーズボイス バックナンバー

第1回:<池尻大橋>チバセイサクショ 千葉里奈さん
第2回:<池尻大橋>株式会社オールユアーズ 木村昌史さん
第3回:<下北沢>RAINBOW NAILS 谷菜々美さん
第4回:<下北沢>MUDHEAD HOUSE 小林史幸さん


『MUDHEAD HOUSE』

【営業日】 不定休
【アクセス】レインボー倉庫3(下北沢) 006
【URL】
web http://mudheadhouse.thebase.in/
Instagram https://www.instagram.com/mudhead_house_shimokitazawa/
facebook https://www.facebook.com/mudheadhouse/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT情報

  1. 181125.1223paintfactory_wseye
    PAINT FACTORYさんによるワークショップが開催されます。今回はピンストライプ、レタリン…
  2. 181028-1104shinozakieye
    アーティストSHINOZAKI HILOSHIによるEXHIBITION "PEACE of WAL…
  3. 181028paintfacrtory_eye
    (2018/10/26 追記)こちらのイベントは主催者様のご都合により、中止となりました。日程な…
  4. 181027yes_wseye
    10月27日(土) 代々木八幡にある、煮込みとお惣菜のお店"ウエトミ"にてワークショップ開催!!…
  5. 180514-RAINBOW-MARKET-vol.3-eye
    "偶数月の第3日曜日に開催されるサンデーマーケット"この扉の向こうでは何が行われているんだろ…
PAGE TOP